読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

ヒッチハイクの旅 2012夏 最終回

風の吹きすさぶ鳥取砂丘で一通り楽しんだ我々。 大阪方面に向かう車を探します。 幸い、砂丘周辺は見通しが良くてヒッチハイクに最適な道路ばかり!! スケッチブックを掲げて2秒ではやくも停まってくれる車が現れるw しかもここでさらなる奇跡が。 「大阪…

ヒッチハイクの旅 2012夏 12

鳥取駅よりバスに乗り込み、念願の砂丘に向かいます。 結構遠いのね、、、 しかもどこで降りればいいのかよくわからんし。 とりあえずみんながバーって降りたところで一緒に降りてみる。 早速ロープウェイの券を買い、乗り込む。 期待を胸に揺られていく、と…

ヒッチハイクの旅 2012夏 11

鳥取の夜。 夕食は健康的なものが食べたい! ということで22時までやっている定食屋兼居酒屋的な「ごはん屋 進」に閉店30分前に来店(すいません、、、) 750円の定食にビールをつけて、この日一日の疲れを癒します。 料理のおいしいことおいしいこと…

ヒッチハイクの旅 2012夏 10

さて、吉田さん親子と別れた我々は、奥さんが交渉してくれたトラックに乗り込み、いよいよ鳥取市を目指します! 人生初のトラック! ドライバーは原さん! なかなか聞けないトラック運転手の裏話を沢山聞けました! でもやっぱ、息子さん娘さんの話の時が一…

ヒッチハイクの旅 2012夏 9

米子ICに到着した我々。 しかし、思った以上に辺鄙な場所だったことが判明し、奥さんがちょっとしたパニックに。 「こんなとこで降りても誰も捕まらないだろうし、でもこれ以上走ると夕飯の支度が、、」 急遽出口手前の駐車場に入り、詳しい人に話を聞く。 …

ヒッチハイクの旅 2012夏 8

前の投稿で諦めかけてたわけだけど、ちょっと気分が乗ってきたので笑 あと5回更新でいけるかな~ 写真は現在行方不明なので発見し次第更新しますw 今回は松江~鳥取の話。 【ここまでの流れ】 大阪を出発し、神戸~松江~出雲~松江と移動してきた我々は、…

ヒッチハイクの旅 2012夏 7

出雲大社のすぐ近くでイベントやってて、 うろうろしてたらお酒売ってるお姉さん方から声かけられた! そんでヒッチハイクしてるって言ったら一杯地酒ご馳走してくれたwww 全部美味しかった~ 辛口が好きです。 相方は甘口派でした。 あとしまねっこが可…

ヒッチハイクの旅 2012夏 6

まつえじょおおおおおおお 金がもったいないので城のまわりをぶらぶらしていたら、 OL二人組に声をかけられる!! うっひょww 千葉から来てた彼女らに写真を頼まれ、ついでにパチリ! そしたら、これが こうなって こうなったwww この瞬間リア充だっ…

ヒッチハイクの旅 2012夏 5

夕暮れ時の吉備。 こんなん見つけた。 試食のきび団子をバクバク食って栄養補給w 開始10分、 もう日が沈む間際だったので、中で直接交渉してこようという話になった その瞬間! 「乗れや」 えええええええええええええええええええええ wwwwwwww…

ヒッチハイクの旅 2012夏 4

西宮名塩まで来ました。 お疲れの御様子。 ようやく中国自動車道へ到達!! 反対側のSAに移動し車を待つが、なかなか停まらない。 (しかしここでJKの集団に遭遇し励ましの言葉をもらい、再び男二人に活気が戻るw) 途中、岡山まで乗せてくれるっていう若い…

ヒッチハイクの旅 2012夏 3

日陰のない灼熱地獄。 車通りは……ない。 お茶もぬるくなった。 …埒があかない…… 20分ねばった後、近くのコンビニまで移動。 お昼時の忙しい時間にも関わらず、綺麗な奥さんが笑顔で道案内をしてくれました。 あなたは天使ですか? しかし、こっからが長かっ…

ヒッチハイクの旅 2012夏 2

2日目朝10時頃、神戸市内にていいポイントを物色していると、ふいに若者に声をかけられる。 なななんと!!! 埼玉県蕨市からヒッチで九州を目指す大学生でした! こんな出会いもあるんだね! (ちなみに彼とは後日我が家で酒盛りしましたw) 彼にいいポイ…

ヒッチハイクの旅 2012夏

行ってきましたよー! 4日間快晴に恵まれ、最高のヒッチハイク日和でした! (おかげで何度も熱中症になりかけたw) 旅の始まりはバスと飛行機の日にちを二人とも間違えるという奇跡の事態! 成田空港に8時間拘束されるという… 凄い幕開けでしたね。 実は飛…

近畿~中国地方ヒッチハイクの旅

これから出発します。 4日間で最低でも島根、鳥取はまわりたいところ。 うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお