読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

60年代英国産ロック愛に溢れた名曲。 The Circle / Ocean Colour Scene

www.youtube.com いわゆるブリット・ポップの盛り上がりの中でブレイクした彼らですが、 実力は相当なもの。 哀愁を感じるメロディに、 キンクス、ビートルズ、スモール・フェイセズ、ザ・フーなどの影響を色濃く感じさせるサウンドがとても魅力的です。 中…

レディへの表現力の高さを思い知らされるテレビ出演時の映像。

ジョニーとエドのアルペジオの絡みが美し過ぎます。 途中のエドのコーラスも完璧。 数多くのフォロワーがいるバンドですが、 この空気感を作り出せるのはこの5人しかありえませんね。 レディオヘッドがいる時代を生きられるのは本当に幸せなことだと思う。 …

iPodのCMでもお馴染み。ブラーのデーモンによるプロジェクト。 Feel Good Inc. / Gorillaz

www.youtube.com あー、かっこいい。 それしかいうことないです。 Demon Days

【The Verve × Japanese】 Wildflower / Northern Bright

Oasisの前座を務めたことで話題になったバンド。 服装は完全にリアムを意識してますね。 そしてPVはまんまヴァーヴの『ラッキー・マン』。 でも、なんというか、 パッとしないあたりが、逆に好感が持てるというか(失礼) 「アクイース」のPVでも思いました…

【オアシスが『世界で2番目に偉大』と称したバンド】 ティーンエイジ・ファンクラブの個人的名曲BEST 5

ティーンエイジ・ファンクラブ (Teenage Fanclub) は、スコットランドはグラスゴー出身のオルタナティヴ・ロックバンドである。略称は『TFC』。 ―Wikipedia 1991年にリリースした2ndアルバム「Bandwagonesque(バンドワゴネスク)」が、ニルヴァーナを発端と…

【英国の田舎の休日って、多分こんな感じ。】 Picture Book / The Kinks

イギリスからしか生まれ得ないサウンド。 午後の昼下がり、紅茶でもまったり飲みながらとか、いいじゃないですか。 一般的には「You Really Got Me」のとんがったイメージが先行しますが、 彼らのアイデンティティはむしろ牧歌的なフォーク / カントリー・ロ…

【リアル『天上の音楽』】 Avalon / Roxy Music

70年代後半~80年代前半にかけて、この世のものとは思えない極上のサウンドを作っていたバンドが2つあります。 一つは『噂』の史上空前の大ヒットで知られるフリートウッド・マック。 そしてもう一つはこのロキシー・ミュージックです。 もともとド派手なル…

【こんなドラムに憧れる】 Ride on a Pony / Free

驚くべきは、彼らの平均年齢。 この時点で20歳前後です。(ベースのアンディ・フレイザーに至っては20歳にすら達していない) こんな老成した渋さを出せるって、どういう人生歩んできたんだ? この動画で着目すべきは、 「ギターは顔で弾くもんだ」とでも言…

【R.I.P.】 デヴィッド・ボウイが、死んだ

にわかに信じられない。 新作がさすがのかっこよさで、「やっぱボウイはバケモンだ」と思ったのもつかの間。 突然の訃報でした。 デヴィッド・ボウイが死去 - amass ぼくのボウイ初体験はまさに上の動画。 「なんじゃこの伊達男は」と。 その後、ジギー・ス…

【環境音楽・アンビエント】 Ambient 1 Music for Airports / Brian Eno

環境音楽の定義っていまだによくわからないんですけどね。 でも、何も考えず、ぼーっと聴くのにこれほど適した音楽はないです。 夜寝るときとか、これかけると必ず快眠。笑 ブライアン・イーノ先生はほんと凄いですね。 下の写真が同一人物とは思えない。(…

テレヴィジョン来日が待ち遠しい。観れないけど。。

このギターの音ですよ!! トム・ヴァーレインのひょろひょろなへなちょこヴォーカルもかわいい。 リズム隊も地味にいい仕事してます。 ベースラインとか何気に凝ってる。 来年1月にはついにマーキームーン完全再現ライブ。 泣きたくなるほど聴きに行きたい…

【今日のアーティスト】 James / ジェイムス

UK

勝手に『UK版ミスチル』と呼んでいるバンド。 自国ではスタジアム級の人気で、シングル・アルバム出す度に大ヒットしてるけど、国外では知名度がほぼないという(悪意はないです)。 サウンドから何から、まさにイギリスのバンドだなーという感じです。 同じ…