読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

金字塔/中村一義 (1997)

$色彩都市-金字塔

金字塔/中村一義

最悪の気分を経験したこの三日間で、一番お世話になったアルバムをレビューしたいと思う。

くるりスーパーカーナンバガなんかと一緒に「97の世代」とか言われてる中村一義

一般的には「天才」って言われてる。

当時22歳、自宅に引きこもって宅録に明け暮れ、

ほぼ全ての楽器を自分で演奏・録音して作ったデビューアルバムがこれ。

甲高くて何言ってんのか聴きとれない変な声、

一聴しただけじゃとても覚えられない、妙なコード進行に無理やりのせたようなメロディー、

常人には理解しがたいユーモア。

決してとっつきやすいアルバムではないですな。

俺の場合は、歌詞を読んだら一気に好きになった。

日常生活の中でポロッと出てきた言葉を、ごちゃごちゃのまんま無理やり一曲に詰め込んだって感じ。

「ああ 全てが人並みにうまくいきますように」

「んでどう? どう? 僕として僕は行く 僕ら問題ないんだろうな」

「まだ大きな無限大が 皆を待ってる」

文法的には滅茶苦茶なのかもしれないけど、妙に勇気づけられる、気がする。

「犬と猫」

この曲のデモを送ったら即デビューが決まったらしい。

中村君聴いてると創作意欲が湧く。

俺ももう一度ギターに挑戦しようかなぁ