読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

CAFE BLEU / The Style Council

$色彩都市

おそらく1984年当時、一番お洒落だった二人組による最高にスタイリッシュなアルバム。

このアルバム収録じゃないけど、「Shout To The Top」はCMとかで使われてたから知ってるかも。

お洒落でジャジーなナンバーから、軽快なギターポップ、失笑もんのヒップホップまで、あらゆる音楽の要素を巧みなセンスでまとめ上げた一枚。

インストが多いのも特徴ですかね。

準メンバーのドラマーがめちゃくちゃいい仕事してる。

このユニットを組むまでポール・ウェラーThe Jamで活動してたわけなんですが、とてもパンクバンドでとがった音を鳴らしていたとは思えないムーディーな楽曲たち。

スタカン解散後はR&B要素を強めてソロ活動をするわけなんですが、ほんとデヴィッド・ボウイも真っ青なフットワークの軽さです。

おすすめ曲の紹介をちょこちょこと。

2、The Whole Point Of No Return

ひたすら渋い弾き語りナンバー。

薄暗いカフェでたばこを傍らに演奏してる姿が目に浮かびます。

4、Blue Cafe

優雅でムーディーなインストナンバー。

今になって聴くとウェラーのピッキングはやっぱ強い。

5、Paris Match

同名の日本のバンドもいい。

エヴリシング・バット・ザ・ガールのトレイシー・ソーンがヴォーカルです。

この曲でEBTGを知ったことが、俺の人生を変えたと言っても過言ではないとでも言っておこうか。

6、My Ever Changing Moods

クラシック級の大名曲。

シングルでギターポップVer.が発売されてますが、アルバムの弾き語りの方が数千倍いいです。

失恋して自分に浸りたいときによく聞いてました←

10、You're The Best Thing

80年代で一番好きかも知れない曲。

中学時代はこの曲があったから乗り切れた。

この動画はMix違うけど。

11、Here's One That Got Away

愛くるしくてスタイリッシュなギターポップ

12、Headstart For Happiness

これもかなりポップ。

一日の始まりに聴きたい感じです。

黒人女性のVo.がいい感じ!

Cafe Bleu/Universal I.S.

¥1,422

Amazon.co.jp

ザ・サウンド・オブ・ザ・スタイル・カウンシル/ユニバーサル ミュージック

¥1,000

Amazon.co.jp

Our Favourite Shop/Polygram UK

¥862

Amazon.co.jp