読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【宇多田ヒカルも恋した、都会の夜の音楽】 The Blue Nile

 

 

 

ブルーナイルほど、上質な夜の音楽を安定的に届けてくれるバンドはいない。

 

 

 

 

20年間で発表したアルバムはわずか4作。

 

 

 

非常に寡作です。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、作品の質の高さには定評があり、

 

 

 

タイトルに挙げた宇多田ヒカルのほか、

 

 

 

フィル・コリンズやロビー・ロバートソン(ザ・バンド)など、

 

 

 

名だたるミュージシャンから多大なリスペクトを集めています。

 

 

 

 

 

 

PVを見れば一目瞭然でしょう。

 

 

 

 

これは、都会の夜の音楽です。

 

 

 

 

それも、ちょっとアダルトな香りのする。

 

 

 

 

 

 

 

 

バンド名同様、

 

 

 

ゆるやかな大河の流れを思わせる豊かな音像ですね。

 

 

 

 

 

 

音楽的には音響派のシンセポップですが、

 

 

 

ポール・ブキャナンの落ち着いた歌声と、

 

 

 

隙間を適切に埋めていくエコー処理が特徴的。

 

 

 

 

洗練されたシティ・ポップスとなっています。

 

 

 

 

 

 

アニー・レノックス

 

 

ロッド・スチュワートなど大御所もカバーしている曲ですが、

 

 

 

個人的には英国のバンドKEANEのカバーを推したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

【収録アルバム】

 

 

 

 

 

長いキャリアの中でも最高傑作の呼び声高い、

 

 

 

89年発表の2nd。

 

 

 

 

 

言わずもがな、佳曲揃いです。