読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【朝の時間をゆったり優雅に】アメリカン・モーニング / Randy Vanwarmer

 

 

 

 

 

ガラス細工のように繊細な歌声。

 

 

 

バックの演奏も非常にソフトかつウォームで、

 

 

 

朝の木漏れ日を表現しているかのようです。

 

 

 

 

 

この動画を作成した方の画像のチョイスも素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

原題は「Just When I Needed You Most」ですが、

 

 

 

 

この邦題を「アメリカン・モーニング」とした日本の担当者には拍手を送りたい。

 

 

 

 

このタイトルのおかげで、『朝といえばこの曲!』とすぐに連想できます。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、詞に目を向けると、非常に切ないですね。

 

 

 

その朝あなたは荷物をかばんに詰めていた

 

ぼくは窓を見つめていた

 

何て言えばいいのか懸命に言葉を探して

 

あなたは雨の中出て行った

 

 

 

むしろ朝が嫌いになっちゃいそうなトラウマソングですな。

 

 

 

しかも、実は雨の日の曲という。

 

 

 

 

 

でも、詞の内容はともかくとして、

 

 

 

アルバム・ジャケットのセピア色と、

 

 

 

物憂げなランディさんのイメージから、

 

 

 

優雅に朝の珈琲を一杯いただきながら聴くには最高のBGMなのは間違いない。

 

 

 

 【収録アルバム】

 

 

 

一曲目から珠玉のポップソング、『ルージング・アウト・オン・ラヴ』が飛び出すなど、、

 

 

 

バラードとアップテンポのナンバーがバランスよく散りばめられた1980年発表のデビューアルバム。

 

 

 

 

 

ピュアで、清々しくて、それでいてちょっとモロそうな音世界。

 

 

 

青春映画みたいな瑞々しさが漂っていて、僕は大好きですな。

 

 

 

 

 

ちなみに、バックミュージシャンはなかなか恐ろしいメンツが揃っています。

 

 

 

ベースはキングクリムゾンでお馴染みトニー・レヴィン

 

 

 

 

ドラムもジョン・メイヤー・トリオで大活躍のスティーブ・ジョーダン、

 

 

 

そしてオートハープ奏者にはラヴィン・スプーンフルジョン・セバスチャン

 

 

 

 

 

濃いですね。

 

 

 

この頃のAORのアルバムは参加ミュージシャンを眺めるのが面白くて好きですね。