読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【日暮れ時に、しみじみと耳を傾けたい曲】 Late For The Sky / Jackson Browne

f:id:creamsoda0320:20150819211007j:plain

 


Jackson Browne Late For The Sky - YouTube

 

イントロのギターの繊細なトーン。

 

霞がたなびくように、

 

雲が静かに流れていくように遠くで鳴っているオルガン。

 

 

深い悲しみを表現しているかのような、そんな曲です。

 

 

 

高3の秋。

 

大学の受験勉強で朝から机に向かい、

 

夕方、休憩がてら窓の外を眺めながらこの曲を聴くのが日課でした。

 

 

勉強に焦る気持ちをそっとなだめてくれ、

 

なんだか心が豊かになったような気がするのでした。

 

 

 

曲が終わるころには、たいてい階下から母親が夕飯を支度する音が聞こえてきました。

 

だから、この曲を聴くと条件反射的に『たまねぎを炒めている時の匂い』が思い出されてしまうのです。

 

今も書きながらカレーが食べたくなってきました。

 

もはや身体の一部のような曲です。

 

 

 

 

アルバムの一曲目とは思えないほど、地味で暗い曲ではありますが、

 

このアルバムに関しては、この曲以外に一曲目を飾れる曲はないでしょうね。

 

 

 

ジャクソン・ブラウンの温かみのある声とピアノに、

 

デヴィッド・リンドレーのギターが寄り添うように奏でられていきます。

 

 

 

古今東西、様々なギタリストがいますが、

 

この曲におけるギターほど、歌心を感じさせる演奏はない気がします。

 

それほどまでに、繊細なタッチ。

 

デヴィッド・リンドレー、大好きなミュージシャンです。

 

 

【収録アルバム】

 

Born in 1952 - 愛の世代の前に Born in 1952 - 愛の世代の前に
浜田省吾

ソニー・ミュージックレコーズ
売り上げランキング : 12230

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

ウエストコーストロックを代表する名盤です。

 

 

ロック色はそこまで強いわけではなく、

 

シンガーソングライターの作品らしい、

 

あくまでアコースティックな音づくりが主体な感じです。

 

 

派手さは皆無ですが、

 

その分しみじみと味わい深い作品だと思います。

 

 

 

たぶん、一生聴き続けるんだろうなぁ。