読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【『旅情』を感じる名曲個人的No.1】 America / Simon & Garfunkel


Simon & Garfunkel - America - YouTube

 

ここのところかなりマイナーどころばかり取り上げてましたので、大御所を。

 

ここのところ日本各地を転々としているのですが、そんな旅路の帰り道、どうしても聞かずにはいられないのが、この曲。

 

恋人とアメリカ横断の旅をしたときの情景を歌ったものですが、日暮れ時にバスや電車に揺られながらこのフェード・インのイントロを耳にすると、それだけでたまらない気持ちになります。

歌詞を読んでから聴くと、これがまた泣けるんですよ。

 

「僕たち恋人同士になろうよ。僕らのたくさんの幸運を結婚させていっしょになろう」

「僕はちょっとした財産をこのバッグの中に持っているんだ」

そして僕らは一箱のタバコとミセス・ワグナーのパイを買って

アメリカを探すために歩き始めた

 

「キャシー」ピッツバーグでグレイハウンドに乗り込みながら僕は言った

「今じゃミシガンに行った時のことが夢のようだよ」

サギノーからヒッチハイクで四日もかかっちゃったんだ

僕はアメリカを探すために行ったんだ

 

バスの中の笑い声

ゲームをしている人たちの顔

あのギャバジン・スーツの人はスパイよと彼女は言った

「気をつけて、彼の蝶ネクタイはホントはカメラなんだ」と僕は答えた

 

「タバコを放ってくれないか、僕のレインコートに一本入ってると思うんだ」

「わたしたち最後の一本を一時間前に吸っちゃったじゃない」

そこで僕は窓の外の風景を眺めた、彼女は自分の雑誌を読んだ

大平原に月が昇った

 

「キャシー、僕は失っちゃったんだ」、彼女が眠っていることを知りながら僕は言った

僕は空虚で心が痛い、だけどなぜだかわからないよ

ニュージャージー高速道路を走る車をひたすら数え続けた

彼らもみなアメリカを探すためにやって来た

みんなアメリカを探すためにやってきた

みんなアメリカを探すためにやってきたんだ

 

ヒッチハイカーの自分としては、もうこれ以上ないほど憧れの情景です。

旅の陰の部分を非常に上手く表現している。

 

"Kathy, I'm lost" I said, ―

からの切なくも激しい昂ぶり方が凄い。

これだけのドラマを3分半で表現してしまうポール・サイモンの才能には脱帽です。

 

余談ですが、ケルアックの『路上』を読む度に、この曲を思い出します。

路上 (河出文庫 505A)

ぼくはまだアメリカには行った事はないですが、『路上』とこの曲があればアメリカを旅した気分になれるので、なんだかもう行かなくていいかなと思ったり。

頭の中のイメージだけで、結構満足です。

 

 

この曲が収録されているアルバム、『Bookends』は本当に素晴らしい名盤。

Bookends

 

捨て曲なし、というか、彼らの音楽活動を代表する名曲たちが悉く収録されています。

 

非常に個人的なことを言うと2曲目のSEは1曲目が静かなだけにびっくりしてしまいます。

静寂を切り裂く目的でしょうから効果は抜群なのですが、なんだか心理的にこの2曲目があるために聴くのをためらってしまったり。

いい曲なんですけど、いつも3曲目の『アメリカ』から聴いてしまうんですよね。

 

  1. ブックエンドのテーマ - "Bookends Theme" - 0:32
  2. わが子の命を救いたまえ - "Save the Life of My Child" - 2:49
  3. アメリカ - "America" - 3:34
  4. オーバース - "Overs" - 2:14
  5. 老人の会話 - "Voices of Old People" (Paul Simon, Art Garfunkel) - 2:09
  6. 旧友 - "Old Friends" - 2:36
  7. ブックエンドのテーマ - "Bookends Theme" - 1:16
  8. フェイキン・イット - "Fakin' It" - 3:14
  9. パンキーのジレンマ - "Punky's Dilemma" - 2:10
  10. ミセス・ロビンソン - "Mrs. Robinson" - 4:02
  11. 冬の散歩道 - "A Hazy Shade of Winter" - 2:17
  12. 動物園にて - "At the Zoo" - 2:21

 

さて、ぼくはキャシーのような女性と旅をする日が来るのだろうか。

この曲が理想としてあるために、いつも一人旅という安易な選択肢を選んでしまう自分。この旅情を解してくれる方とお付き合いをしたいものです。。