読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【山下達郎のパクリ疑惑もある、ソウル・アンセム】 トリッピング・アウト / カーティス・メイフィールド

80s AOR R&B / SOUL 渋谷系 COOL ROMANTIC 夜唄

1980年に発表された、ソウル界の功労者カーティス・メイフィールドによる傑作。

 

この独特のリズム・パターンは、その後様々なアーティストがこぞって取り入れることになります。

特に山下達郎の「あまく危険な香り」は有名ですね。(本人は「たまたま似ただけ」と言ってますが。)

 

一度聴いたら忘れられないくらいのフックを持つ曲です。

「弦高が高くて押さえられてない」ような、でもなぜだか味わい深いギターの音色。

このねばっこいニュアンスは日本人じゃ出せないでしょう。

 

ディスコを意識して作られているため、フェイド・アウトはかなり遅めです。

 

 

Something to Believe in
Something to Believe in