読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【洋楽】 胸に沁みわたる女性シンガーソングライターの名曲5選

1 A Case Of You / Joni Mitchell

あなたをワインに例えるならば

1ケースだって飲めてしまうわ

と情熱的に歌われるジョニ・ミッチェルの名曲。

1970年発表の名盤『ブルー』収録。 

 

ブルー
ブルー

 

 

2 Near You Always / Jewel 

赤裸々な感情をアコギ一本で歌い上げるスタイルで、1995年当時20歳でデビューしたアラスカ出身のシンガーソングライター、ジュエル。

透き通るような声と生ギターが耳に優しい。

デビューアルバム『心のかけら』はその瑞々しさが口コミで評判となり、異例のロングヒットとなった。

 

心のかけら
心のかけら

 

 

3 Fast Car / Tracy Chapman

1988年のグラミーを受賞したトレイシー・チャップマンの名曲。

独特の低い声で、人種問題や貧困といった社会問題を鋭く描く。

この曲は、レジ打ちをしながらアルコール中毒の父と暮らす日常を背景とし、そんな現実から逃げ出したい気持ちを彼氏の車に託している。

痛々しいほどの名曲。

 

Tracy Chapman
Tracy Chapman

 

 

4 So Far Away / Carole King

70年代のシンガーソングライター・ブームを巻き起こした名盤『つづれおり』より。

等身大の自分を着飾ることなくシンプルに表現する姿勢は、その後の女性ソロシンガーのモデルとなった。

ちなみにこの曲はタイトルから想像できる通り、失恋の唄である。

 

つづれおり
つづれおり

 

 

5 On Saturday Afternoons in 1963 / Rickie Lee Jones

ジャジーな独特の都会派ポップスを聴かせるリッキー・リー・ジョーンズ

そんな彼女のキャリアの中でもとりわけシンプルなアレンジのバラード。

1979年のデビューアルバム『浪漫』収録。

夕暮れ時に、心静かに聴きたい。

 

浪漫
浪漫