読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

人生で一番ジャケ買いして正解だったと思うアルバムが、これ。

Ruby Series
Ruby Series

 

レベッカゲイツRebecca Gates)の「ルビー・シリーズ(ruby series)」。

2001年発表。

 

数年前に北浦和のディスク・ユニオンにて、50円で購入。

レニー・クラヴィッツジャミロクワイなど、よくあるラインナップの中で、

どことなく洒落た品の良さを感じて買ってみたら、大正解でした。

 

名前はバンドのようですが、女性ソロアーティストです。

こちらが、その音。

 

 

いかがでしょう。

 

物憂げなようでいて、凛としているようでもあって。

なんとも心地よい"すき間"を感じる音楽です。

 

ジャケットの人気のない海辺の雰囲気ともマッチしています。

 

シー・アンド・ケイクThe Sea and Cake)絡みということを後から知って、

なるほど、と。

独特の清涼感はそこから来ていたのですね。

 

ただ、シー・アンド・ケイク的なポスト・ロック/エレクトロ方面の色彩よりは、

女性シンガーソングライターのアコースティックで素朴な質感が強く出ていて非常に好みです。

 

ちなみに、シー・アンド・ケイクはこんな音。

 

 

The Fawn
The Fawn

  

 

 レベッカゲイツはこのアルバムの前、スピネインズ(The Spinanes)というバンドで活動していたようですが、音楽的には少々異なるみたいですね。

いかにもサブ・ポップといった音。

 

 

 これはこれで好きですが、

やはりこのソロの質感が自分は好みですね。

「Lure and Cast」のヴィブラフォンのフレーズはよく脳内再生されます。

中毒性あり。