読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

メタル界イチの変人、グラハム・ボネットについて軽めに触れようと思う。

 

『メタル』『ハード・ロック』と聞いた時、

あなたがイメージするのはどのような人物だろうか?

 

長髪?

革ジャン?

黒づくめ?

入れ墨だらけのスキンヘッド?

 

常識的にはそんなところだろう。

 

まさか、アロハシャツでオールバックの男を想像した人はおるまい。

 

ただ歴史上、そんな恰好を貫き通して第一線で活躍した男がいた。

グラハム・ボネットがその人である。

 

とにかく声が馬鹿でかい。

4オクターブとも言われる野太いダミ声で、抜群の安定感を持つ歌唱を聴かせてくれる。

 

 

ジャズバンドのギタリストをしたり、

ボブ・ディランのカバーでオーストラリアの大スターの座に登りつめたり、

およそ重い音楽とは無縁の生活を送っていた彼。

 

下の動画の歌唱を聴いたリッチー・ブラックモアが加入を思い立ったらしい。 

 

 

なるほど、ポップス離れしたパワフルな歌唱である。

 

前任のロニーがカリスマすぎたこともあり、

リッチーもかなり悩んだことだろう。

 

 

実際、勝手にグラハムの悪趣味な服たちを捨てたり、

ワガママで有名なリッチーもだいぶ手こずったようだ(さらに上を行く変わり者だったために途中であきらめたようだが)

 

レインボー脱退後もなかなか一つの場所に落ち着かず、

加入先の初ライブの最中にステージから抜け出し、飛行機で脱走するとかハチャメチャな伝説も残している。

 

そのエピソードの目も当てられない真相は下記リンクを参照いただければと。

 

yogurter.hatenablog.com

 

 ただこの人の参加しているアルバムは、なぜか名盤が多い。

曲作りのセンスが良かったという話もある。

 

耳もよかったようで、

特に当時無名だったイングヴェイ・マルムスティーンを世に送り出したのは最大の功績だろう。

(「バッハ以来、初めて作曲をしたのは俺さ。」発言の人) 

 

 

No Parole from Rock'n'roll
No Parole from Rock'n'roll

 

 

 

まぁそんなこんなで、愛すべき人である。

ぼくは何気にこの界隈のヴォーカリストでは一番聴いている。

腹から声を出すってのが一番わかりやすいヴォーカリストである。

 

Down to Earth
Down to Earth