読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【リアル『天上の音楽』】 Avalon / Roxy Music

70s 80s AOR UK ROMANTIC 夜唄

 

70年代後半~80年代前半にかけて、この世のものとは思えない極上のサウンドを作っていたバンドが2つあります。

一つは『噂』の史上空前の大ヒットで知られるフリートウッド・マック

そしてもう一つはこのロキシー・ミュージックです。

 

もともとド派手なルックスと前衛的なサウンドで、

デヴィッド・ボウイと並びグラム・ロックをけん引していたバンドですが、

76年に一度解散。

78年に復活して以降は、ブライアン・フェリーのナルシズム溢れる艶のあるヴォーカルを際立たせた、AOR寄りのサウンド・アプローチが目立っていきます。

 

 

この曲はロキシーの最高傑作とされる82年発表の傑作『Avalon 』収録の名曲。

ジャケットも神秘的です。(彼らのアルバムはどれもジャケットがオシャレ。)

 

シルクのようになめらかで上品なサウンドと、心地よいグルーヴ感は、ほかのどのアーティストとも似つかないもの。

 楽曲のクオリティの高さはすさまじく、もちろん捨て曲もありません。

 

 

CMなどでもよく使われた名曲『モア・ザン・ディス』は一度聴いたら耳から離れないでしょう。

 

 

 

再結成後のアルバム『Manifestoマニフェスト』収録の『Dance Away』や、

 

(最初に出ているのはABBAのメンバーですね)

 

 Manifesto

 

 

Flesh & Blood』収録の『Oh Yeah!』のサウンドも素晴らしいです。

 

Flesh & Blood

 

 

興味のある方は、ぜひブライアン・フェリーのソロ作も聴いてみてくださいね。