読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【変態エレクトロ・ポップ兄弟】 スパークス ( Sparks ) のメイル兄弟がコメディアンにしか見えない件。

 

特徴的なファルセットで歌い上げる弟と、

しかめっ面でピクリとも動かない(たまにニヤニヤする)チョビ髭の兄によるメイル兄弟。

 

f:id:creamsoda0320:20160204091605j:plain

 

f:id:creamsoda0320:20160204091918j:plain

 

f:id:creamsoda0320:20160204092040p:plain

 

兄…。

 

 

曲は底抜けに明るくて、大げさで、ケバケバしい。

クラシック(オペラ)的な要素から、クイーンとの類似性も語られますが、正確にはクイーンの先輩格。

フレディは彼らの大ファンだったし、クイーンは彼らの前座でした。

 

 

個人的に一番好きなのは、代表作『Kimono My House』の2曲目。

(74年にこのサウンドは、時代を先取りしすぎ。)

Kimono My House (re-issue

 

 キャッチ―なギターリフに、

シンコペーションを効果的に取り入れたドラミング(特にA~Bメロ)。

昔の映画やサーカスが目の前で繰り広げられているかのような、ブリリアントで楽し気な雰囲気がたまらないです。

 

 

 

 

こっちの曲も好き。

スパークスにしてはシンプルにダンサブルなビートを敷き詰めた名曲。

とは言っても、独特の高揚感と変態っぷりは惜しげもなく披露してます。

 

 

 79年の『No.1 In Heaven』収録。

ディスコ・ムーブメントの立役者、ジョルジオ・モロダーによるプロデュース作品です。

No.1 In Heaven
No.1 In Heaven

 

 

 

ぼくはまったく知らなかったんですが、フランツ・フェルディナンドとコラボ・アルバムも出してたんですね。

 フランツとの共演と聞いて、もっとダンサブルなビートを想像してたんですが、スパークス流ヘンテコポップ感が前面に出ていて、なかなかいい感じです。

 

 

 

FFS(デラックス・エディション)(完全生産限定盤)
FFS(デラックス・エディション)(完全生産限定盤)