読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【新しい一日の始まりに。】 素敵じゃないか / The Beach Boys

 

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

新年ということで、ユーミンのかの名曲と迷いましたが、

ここは私らしく、こちらで。

 

 

なんで選んだかは、歌詞を読んで感じていただければと思います。

新しい一日(一年)のスタート。

あえてこんなウキウキする歌詞の曲をぶつけてみました。

 

 

***********************************

 

ふわふわと漂うような不思議なイントロからの、

名ドラマーハル・ブレインによる強力な一撃(『ドンッ』)。

 

伸びやかなブライアン・ウィルソンの歌唱を、管楽器やパーカッション、

そしてお家芸の重厚で複雑なコーラスが盛り上げます。

 

ところどころで鳴るティンパニの音も印象的。

もはやリード楽器と化したキャロル・ケイのベース・ラインのメロディの美しさにも耳を奪われますね。

 

(有名な話ですが、ビーチ・ボーイズのアルバムはほとんど西海岸の敏腕ミュージシャンが演奏しており、自分たちのレコーディングはほぼヴォーカルだけ。ライブは自分たちで演奏しますけどね)

 

 

 【収録アルバム】

Pet Sounds
Pet Sounds

 

ローリングストーン誌が「20世紀の最も偉大なロックアルバム(だったかな?)」に挙げたことでも有名なアルバム。

 

こんなに愛と狂気にあふれたアルバムもないでしょう。

 

ブライアン・ウィルソンのキャリア中最も豊かなヴォーカル表現と、トニー・アッシャーによる繊細な歌詞。

もはやロックでもポップスでもクラシックでもない、不思議な響きの音楽が完成しました。

 

これを触発されたポール・マッカートニーは『サージェント・ペパーズ』の製作にとりかかることになります。

 

 

 

最後に番外編として、アルバム中随一の名曲を貼っておきます。