読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【特集『'97世代』】 中村一義 / 100s

J-ROCK 人生の応援歌 SOFTLY 夕焼け 夜唄 LOVE SONG 旅唄 甘酸っぱい系

まだ、大きな無限大が、みんなを待ってる

トンネルを抜けると、今日は、解放記念日だ

 

『人生を変えたアーティスト』って陳腐な表現ではもったいないくらい、

この【天才】中村一義って人には人生を変えてもらいました。

めちゃくちゃいい方向に。

 

家庭環境から引きこもって音楽に没頭してた22歳の青年が、突然セルフ・プロデュース&全楽器自録りでデビューし、桑田佳祐を継ぐ日本語歌詞の使い手」「10年に1人の天才」とまでいわれちゃうという怒涛の展開。

 

しかも、デビューアルバムの名前が『金字塔』。

なんだこの逸材。

金字塔
金字塔

 

 最初に挙げた「ここにいる」は、くるり岸田繁が発売直後に買ったシングル「犬と猫」のカップリングに入っていて、号泣したという曲。

引きこもりだった中村じゃなきゃ書けなかっただろうし、ここまでの説得力も生まれなかったでしょう。

 

 

これがその「犬と猫」。

声もコード進行も展開も歌詞も全部オリジナリティ全開。

最初聴いたときは何がいいのか全然わかりませんでした。

 

試しにこのサイトで歌詞を読んでみてください。

初見じゃ2割も理解できないですから。

 

でも、聴いてるうちになんとなく、感覚で捉えられるようになってくるんですよね。

特に耳に残るのが、やっぱりこのフレーズ。

町を背に僕は行く 今じゃワイワイできないんだ

 

 

そんで、次の二曲で完全に人生決められちゃいました。

 

最後の「声高ーい!」が微笑ましい。

ああ、すべてが人並みに、うまく行きますように。

ああ、この幼稚な気持ちが、どうか永遠でありますように。

 

僕は死ぬように生きていたくはない

 

 

公務員試験の追い込みの時期に震災が起き、津波で地元が壊滅。

 

「あれ?公務員やら大企業に就職して安定した人生送るって、神話じゃん?」

「安全な場所なんて世界中どこにもないし、明日死ぬかもわかんないじゃん?」

「そもそも俺の幸せって何?」

 

とかいろんな思考がぐるぐるしてる中で、この曲たちがどんだけ支えになってくれたことか。

 

 

結果、『明日死んでも後悔のない人生にしよう』と吹っ切れて、就活を一切絶ち、音楽と旅にまみれたフリーター生活へと突入したのでした。

 

おかげさまで、人並み以上に幸せな人生を送れています。

あんまり書くと宗教じみちゃうんでここで切っておきますが。笑

 

 

日本語の力って、やっぱすごいですね。

ってあたりでとどめておきましょう。

 

 

最後に、中村一義くんのバンド、100s(ひゃくしきと読む)の中でも特に好きな一曲を。

麻生久美子さん、綺麗です。