読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ラ イ ブ ラ リ ー plus+

【旅するように生きるドラマー】がチョイスした珠玉の音楽、本、観光名所たち。動画を交えながらゆる~くご紹介していきます。

【今日のアーティスト】 James / ジェイムス

 

勝手に『UK版ミスチルと呼んでいるバンド。

自国ではスタジアム級の人気で、シングル・アルバム出す度に大ヒットしてるけど、国外では知名度がほぼないという(悪意はないです)。

サウンドから何から、まさにイギリスのバンドだなーという感じです。

同じくイギリスの国民的バンド、ザ・スミスから『世界一のバンド』と評されたりしてるみたいですね。

 

こちらは彼らの代表曲、Sit Down。

第一印象は「まぁまぁいい曲なんじゃない?」程度でしたが、妙に耳に残るんですよね。

 

その意味では、個人的にはブラーとかにも近い印象を持ってるかも知れないです。

オアシスみたいに一回聞けば口ずさんじゃうみたいな爆発力ではなく、イギリス中産階級的な独特の品の良さとひねくれ感で勝負してる感じ。(彼らが何階級とか知らないですが。)

歌モノバンドの割にやけにリズム隊が強力だったり、ブライアン・イーノと組んでたり、なんとも不思議なバンドです。

 

 気になった方は、まずベストあたりから攻めてみてはいかがでしょうか。

The Best Of James

The Best Of James

このベストも、イギリスではチャート1位を当然のように記録。

 

 

収録曲では、このあたりの曲も好き。

 

マッドチェスター的ダンスビート。

 

最強の美メロ。

 

 

 

ついでに言うと、このベストのあと、2001年に出したラストアルバム(最初の解散時)も超名盤。

 

 やけに耳に残るフレーズのオンパレード。

 

有名曲ではないけど、一番聴く回数が多いのがこの曲。

 

今聴くと、The Verveの『Love Is Noise』はこの曲を意識してたのかもしれないなと。

 

 

未だに、「UK好きなんです!」っていう人でジェイムス好きな人に会ったことがない。そもそもみんな知らない。

ジェイムス好きな人とは美味い酒が飲める気がする。

みんなで「Sit Down」合唱したいっす。

 

スタジアムで。